まど☆マギライト3-5

「「きゃあ!」」
「「「『あべし!!』」」」
『くっ』
「あsdlkfjglsmrcんvcjk1!!!???」
吹っ飛ばされたまどか達地面に落ちた。
幸い落下地点がやわらかかったので大事にはいたらない。
と、彼女達の背後で勢いをつけ過ぎたらしい巨獣は壁に激突していた。
「くそ!九尾!お前はマミさんを頼む!」
『コン!?さやかは!?』
「あいつはあたしが倒すしかないじゃないか!!」
「さやかちゃん!?」
「安心しろまどっち!俺も行く!!」
さやかとリョウはサムズアップして歯をキラリと輝かせると、それぞれの獲物を手に巨獣に向かって走りだした。
「「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」」
その隙にマミの治療を開始する九尾。
と、ふとユウはある事に気づいた。
「なあ、確かリョウはあの刀、九尾がいないと重すぎて持てないんじゃなかったけ?」
ユウがそう言った矢先、
「あ、忘れいていた…」
と言ってリョウはバランスを崩してさやかに激突して倒れた。
『なにやっちゃってるコン!?ああいう事を言うとこうなるってわからないコンか!?ギャグの王道コンよ!!』
「いや知らないよ!気になったんだからしかたないじゃない!!」
九尾に文句を言われ、弁解するユウ。
一方、さやかとリョウはと言うと、
「く…倒れてしまった。だがこの横面に感じる柔らかな感触を感じれるだけ俺はまだ幸せだと思えてしまうのはしかたないじゃないか!!」
「あんたそれセクハラだよ!!」
どういう状況かは各自で想像してください。
と、二人の周りが暗くなる。
ん?と思って上を見上げると、巨獣の足があった。
「「うっそだああああああああああああああああああああああ!!!?」」
どおおおおおおおおおおん。
「きゃああああああ!!さやかちゃんが!!」
「リョウ!!」
「よんだか~?」
まどかとユウが叫ぶと、なんとも間抜けな声が聞こえてきた。
「リョウ!生きているのか!?」
「ああ…、さやかも無事だ。地面がクリームだったから助かった…」
リョウの言う通り、二人は地面にめり込んでいた。
二人は地面からなんとか抜け出すと、かさかさとゴキブリの様に地面を這いながらまどか達の元に戻ってきた。
「ふう~、死ぬかと思った…」
「全くもってぺらぺらののしいかになるかと思ったじゃないか!!」
二人が文句を言ったその時、
「ティロ・フィナーレ!!」
ちゅどおおおおおおおおおおおん!!
「どわ!」
「マミさん!?もう起きて大丈夫なんですか!?」
「大丈夫よ。鹿目さん」
「よかった…」
「本当によかったです!」
「いや~マミさん無事でよかったですよ」
「ホントやばそうでしたからね」
「いや、よかった!よかったとしか言葉が出ないじゃないか!!」
『って、誰もコンの活躍はほめてくれないコンね!!』
「あ~、よくやったよ」
『なにそのおなざりなほめ方!!』
『馬鹿な事を言っている場合!?まだ生きているわ!!』
「「「「「「『え?』」」」」」」
ほむらの言葉にまどか達が顔を向けると、そこには何事もなくたたずむ巨獣の姿があった。
しかも、若干ーーいや、かなり怒っている様に見える。
「これやばくね?」
「やばいわね」
「やばいっすね」
「ピンチね」
「やばいやばいやばい!」
「はっはっはっはっ。もうこうなったら笑うしかないじゃないか!!」
本当に笑いだすリョウに一同は思った。
((((((ああ、こいつもう駄目だ…))))))
そこに巨獣が突撃してきた。
「「あぎゃあああああああああああああああああああ!!!!」」
その攻撃に男子二名がモロ踏み潰されていく。
だが生きているだろう。
なんでかって?このSSはギャグだからだ。
『っく!』
ほむらは人の姿に戻ると腕の円盤、通称ホムスピナーからロケットランチャーを取り出すと、巨獣に向けて放った。
チュドオオオオオオオオオオオオオン。
しかし、マミのティロ・フィナーレが効かなかった相手にそんな攻撃が効くはずもなく、むしろ注意をひいただけだった。
「ほむらちゃん!」
ほむらに向かって突進する巨獣。
が、ほむらは慌てずにランチャーを捨てると、手投げ弾の類を巨獣に投げた。
ほむらが投げた爆弾は巨獣の目の前で凄まじい光を放った。
「うわ!」
「なるほど!閃光弾って訳ね!!」
「「目が目があああああああ!!」」
「はい。、そこの剣士二人、ネタに走らない~」
ユウのツッコミにさやかとリョウはブツブツ文句を言いながら起き上がった。
「いいじゃないか、ネタに走ったって」
「最近マイブラザーの奴付き合い悪いぞ。まどっちといい関係築き始めているから調子に乗ってないか!?」
「なんの話だ…」
ユウがジト目でツッコムんでいると、目が眩んだ巨獣が暴れ始めた。
ほむらはその隙に巨獣から離れ様とするが、巨獣が暴れているせいで崩れた結界の一部が彼女目掛けて振ってきた。
「ーー!?」
魔力も体力も回復していない彼女はそれをまともに受ける。という事はなかったが、その衝撃で意識を失う。
「ほむらちゃん!?」
「暁美さん!!」
「「「なにやってんの!?」」」
「大変だわ!あのままだと彼女潰されてしまう!!」
気絶したほむらのすぐそばには目が回復しつつある巨獣がいるんのだ。
『もうこうなったらコンがなんとかするしかないコンね!!』
すくっと立ち上がり、そう言う九尾。
「「「「「「………………………え?」」」」」」
九尾が普通に立った事よりも、こいつの言葉に一同は疑問の声をあげた。
何故か巨獣まで動きを止めている。
「お前が?」
『コン』
「何とか?」
『そうコン』
「するの?」
『YES』
「本気で言ってんの?」
『本気も本気コンよ』
「任せろっと?」
『その通り!』
「冗談抜きに?」
『冗談でコンな事言わんコン』
『グオ?』
『オフコース』
「「「「「「『……………』」」」」」」
『なにコン!?その間は!?』
味方どころか敵にまで疑いの眼差しで見られ、若干心が傷付いた九尾。
『いいコンいいコン…誰もコンの事を信じてくれないコンね…』
いじけて地面に前足でのの字を書き始める九尾の肩がポンと叩かれた。
『コン?』
『諦めたらそれまでだ。君なら運命を変えられる。大衆の避け様もない嘲笑も、嘲りも、全て君が覆せばいい。そのための力が君には備わっているんだから』
『キュゥべえ…』
キュゥべえの優しい励ましの言葉に涙を流す九尾。
『てめえに慰められる言われはねえ!!』
九尾は全力の前足パンチでキュゥべえを殴り飛ばす。
全国のまど☆マギファンの思いのこもった一撃を受けたキュゥべえは物凄っい回転をしながら吹っ飛んでいき、壁に激突して特撮でやられた怪人の如く爆発した。
『見せてやるコン!これがコンの全力全快!!』
「「「「「「字が間違っている!!」」」」」」
仲間からの熱いツッコミを受けながら九尾は一つの笛を取り出した。
毎回どこから出しているのか?
一応尻尾のふさふさから出しているという設定ですが…。
『行くコン。やるコン。やったるコン!カモン、キャッスルドラコン!!』
いや待てと仲間内からツッコミが来る前に九尾はその笛を吹き鳴らした。
辺りに黒板を爪で引っかいた様な音が響き渡る。
「ぎゃああああああああああ!!この音嫌いいいいいいいいいいいいいいい!!」
「ああ!さやかちゃんのソウルジェムが物凄い勢いで黒く!!」
「なにお前仲間魔女化させようとしてんだよ!!」
「lksdjflc、。ぁcmvgれl;いmと言うしかないじゃないか!!」
「リョウさん…余裕ですね…」
「頭が!頭があああああああ!!九尾があの不快な音を出しているなら、あいつを殺すしかないじゃない!!」
「「「全面的同意!!」」」
「「同意しちゃ駄目~!!」と言い切れます?まどかさん…」
『グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!』
阿鼻叫喚の中、気絶しているほむらは唯一被害を受けていなかった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

イノヨコウ

Author:イノヨコウ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
プロフィール

イノヨコウ

Author:イノヨコウ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR